台風対策 後付けでシャッターを設置

新築時には必要ないと思っていたシャッターや雨戸。

しかし、近年増えている大型台風や豪雨の対策として、シャッターや雨戸を後から取り付けるリフォームが増えています。

シャッターで窓を守って、防犯、台風対策 !

住まいの中で、台風の影響を受けやすい場所の一つが 「窓」 です。

瓦や屋根材はもちろん、傘や植木鉢のような軽量のものでも、強風で飛ばされると、窓ガラスを割ってしまうことがあります。

ガラスが割れて室内に破片が飛び散ることで、ケガの原因や避難の妨げにもなり大変危険 !

後付けのシャッター取付リフォーム事例

台風対策 後付けでシャッターを設置
Before
後付けシャッター取付リフォーム事例
After

台風時の飛来物から窓ガラスを守るためには、窓にシャッターを付けておくことで被害を少なくすることができ安心です。

今の家にシャッターがない場合でも、今ある窓の上から後付けリフォームで取付けが可能です。

シャッターの防災効果 検証実験

LIXILが公表した、検証実験です。【参照:LIXIL ホームページより】

2kg相当の飛来物、衝突速度44km/hを想定しています。

窓ガラス単体や養生テープを貼るだけだと…

台風対策 後付けでシャッターを設置

植木鉢のような飛来物でもガラスが割れ、室内に破片が飛び散ってしまいます。

シャッターや雨戸を設置すれば …

台風対策 後付けでシャッターを設置

飛来物から窓をしっかり守り、窓ガラスが割れるのを防ぐことができました。

シャッターの標準タイプ・採風タイプ、雨戸の標準タイプ(ルーバー雨戸)の場合も、窓ガラスは割れないことも検証されました。

台風対策だけではなく、防犯対策にもシャッターは有効です

一戸建て住宅や共同住宅の低層階では、無防備な窓から侵入されるケースが大半。

カギを閉めているから安心とは言えない現状です。

空き巣被害の多くはガラスを割る侵入手口です。

窓の外側にシャッターを取り付けることで、空き巣からお住まいを守ることができます。

雨戸・シャッターの役割や特徴、様々なタイプはこちらの記事でもまとめています。

これから、台風シーズンが本格化してきます。

シャッターはそれぞれの窓の寸法に合わせてオーダーで制作します。

採寸から考えますと、最短でも2週間ほどの納期がかかりますので、お早めのご相談をおすすめいたします。

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせを頂く際に写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

窓の断熱性能を高めることで健康な暮らしへ

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝
平野硝子株式会社 バナー画像 リフォームネット浜松ヒラノは、平野硝子株式会社が運営しています。