【窓リフォーム】抑えておきたい3つのポイント

健康・快適に暮らすための窓のリフォームポイントとは ?

手軽に窓を取り換えたり、今ある窓はそのままで内側に窓をプラスしたりすることで健康で快適なお住まいにできる窓リフォームが最近人気です。

では、窓のリフォームを進める際のポイントについてチェックしてみましょう !

外からの冷気の侵入を防ぐ

冬、暖房をつけていても寒い。
それは、熱が外へ流出してしまっているのが原因かも … お住まいで最も熱が出て行ってしまうのは窓などの開口部です。

住まいで最も熱が出て行ってしまうのは窓などの開口部

暖かいお部屋で過ごすためには、室内の暖めた熱は逃がさず、室外の冷気は部屋に入れない窓にすることが大切 !
「断熱窓」や「内窓」にリフォームすれば、暖かい空気を逃がしません。

「 断熱窓 」 「 内窓 」 にリフォームすると …

ガラスを2枚使った複層の断熱窓は、断熱構造のガラスとガラスの間に空気層を作り、外の冷気を室内に伝わりにくくする仕組みです。

これは内窓を付けることでも同じことが言えます。

内窓の決めては空気層
今ある窓と内窓インプラスの間にできる空気層が、窓枠やサッシの室内側の表面温度を下がりにくくすることから結露の発生も軽減。

すきま風をシャットアウト !

家が古くなって、玄関ドアや窓の建て付けが悪くなると、気密性が低くなって、すきま風が入り込み室内が寒くなってしまいます。
また、パッキンの劣化や窓・ドアのゆがみが原因で、開け閉めがしにくくなる不便も出てきます。

古いルーバー窓も寒さの一因に

目隠ししながら通風しやすい窓ではありますが、古いルーバー窓は建てつけが悪くなるとしっかりと閉まらず、すきま風が入りやすくなってしまいます。

浴室窓からのすきま風にお悩み
レバーにより可動するルーバーで通風する便利な窓ですが冬は冷たい風が吹き込んでくるのがお悩み …

すきま風のお悩みには、気密性の高い玄関ドアや窓にリフォームすることで、すきま風をシャットアウト !
快適で暖かくなることはもちろん、開け閉めもストレスなくスムーズになります。

太陽の熱を上手に取り入れる

晴れた日であれば、南側の窓から差し込む日差しの量は、なんと夏(8月)の約2倍 !

冬は太陽の高さが低いので、部屋の奥まで日差しが届くというメリットがあります。
そんな利点を活かし、南側の窓を大きくしたり、日射取得型のガラスにリフォームしたりすることで、太陽の暖かな熱をより効果的に取り込むことができます。

太陽の熱を取り込む窓へ

「 高断熱Low-Eガラス 」 に替えればさらに暖かく

断熱性にすぐれた複層ガラスの中でも、高断熱型Low-E複層ガラスなら、たった3割しか熱が外に逃げず、暖かい部屋の空気を保つことができます。

LOW-E複層ガラスに交換した効果
LOW-E 複層ガラスにする効果

健康・快適に暮らすための 「 窓リフォーム 」 3つのポイント

いかがでしたでしょうか ?

  1. 外からの冷気の侵入を防ぐ
  2. すきま風をシャットアウト !
  3. 太陽の熱を上手に取り入れる

住まいのお悩みを 「窓」 からも解決できます !
窓リフォーム実績が豊富なリフォームネット浜松ヒラノまでお気軽にご相談ください。

浜松市での窓リフォーム施工実績 地域NO.1 窓まわりのリフォーム事例こちらよりご覧いただけます。

当店では2019年10月1日から2020年3月31日まで浜松市プレミアム付き商品券がご利用いただけます。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝

HPからお見積り・お問い合わせ