トイレ・洗面所の窓の断熱に 内窓を取り付ける

室内の暖かい熱は、温度の高い方から低い方へと移動する性質があります。

一番熱が出て行ってしまうのが窓などの開口部。そのため室内の暖めた熱は逃がさずに、室外の冷気は部屋に入れない窓にすることも大切です。

窓を断熱するだけでも快適に

すきま風の入る古い家の一枚きりの単板ガラスよりも、複層のガラスを使った「断熱窓」や「内窓」にリフォームすれば、暖かい空気を逃がしません。

ガラスを二枚使った複層の断熱窓は、断熱構造のガラスとガラスの間に空気層を作り、外の冷気を室内に伝わりにくくする仕組みになっています。

トイレ・洗面所の窓の断熱に 内窓を取り付ける

これは内窓を付けることでも同じで、窓枠やサッシの室内側の表面温度も下がりにくいので、結露発生を軽減する効果も期待できます。

トイレや洗面所の窓への対策

冬の寒い日、暖かい暖房の効いたリビングからトイレに立った時、明け方や夜中にふと目覚めてトイレに立った時に、さむいっと震えるような冷えを感じたことはありませんか ?

また、お風呂に入るのに脱衣所で洋服を脱いだ時や冷えている浴室に入った時、寒さのあまり、急いで熱い浴槽に浸かってしまう … なんてことありませんか ?

どちらも身体に大きな負担をかけていてとても危険です !

室温の急激な変化が原因で血圧が変動し、健康被害を起こすと言われるヒートショックになる危険性が大きいからです。

ヒートショックのリスクを軽減するために、トイレや洗面室、バスルームでの断熱対策はとても大切です

実際の内窓リフォーム事例

今回ご紹介するリフォーム事例は、トイレと洗面所の窓へ同時に内窓を取り付けられたお客様です。

トイレ・洗面所の窓の断熱に 内窓を取り付ける
トイレの窓 【内窓取り付け前】
トイレの窓へ内窓取り付け
トイレの窓 【内窓取り付け後】
トイレ・洗面所の窓の断熱に 内窓を取り付ける
洗面所の窓【内窓取り付け前】
トイレ・洗面所の窓の断熱に 内窓を取り付ける
洗面所の窓【内窓取り付け後】

冬の部屋の温度が18℃を下回ると呼吸器・循環器の疾患リスクが高まると言われています。
洗面所、お風呂はもちろん、キッチンや寝室など、家のどの場所も断熱をしっかりして、温度差を小さくすることがポイントですね !

窓からできる、お住まいの断熱対策
お気軽にご相談ください !

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせを頂く際に写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

開かない窓を開けられる窓へリフォーム

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝
平野硝子株式会社 バナー画像 リフォームネット浜松ヒラノは、平野硝子株式会社が運営しています。