大型台風時にはシャッター・雨戸が飛来物から家を守ります

近年、ますます大型化し、上陸数も増えている台風。

強風に対する家の備えがとても大切です !

家でできる暴風対策

ここ数年、各地で観測史上最も強い風が吹き荒れ、甚大な被害をもたらしています。

台風や突風が発生すると、屋根瓦や植木鉢などが飛んできて、窓ガラスが割れる恐れがあります。

大型台風時にはシャッター・雨戸が飛来物から家を守ります

飛来物から住まいを守るには、窓にシャッターや雨戸を取り付けることをおすすめします。

台風時、特に気をつけたいのは窓ガラス

飛来物が当たってガラスが割れると室内に破片が飛び散り大変危険。

窓にシャッターや雨戸がついていない場合の対策として、養生テープで補強をするという方法もありますが、残念ながら窓ガラスが割れるのを防ぐことはできません。

大型台風時にはシャッター・雨戸が飛来物から家を守ります

養生テープ + ダンボールでの補強で、万一ガラスが割れた時にガラスの飛散を少なくすることはできますが、室内に雨風が吹き込むことは防げません。

大型台風時にはシャッター・雨戸が飛来物から家を守ります

窓ガラスを物理的に守り、割れるリスクを大幅に低減するには、シャッター・雨戸をしっかり閉めることが大変有効です。

大型台風時にはシャッター・雨戸が飛来物から家を守ります

風速20m/s以上で看板や屋根瓦など、が飛んでくる可能性があります。

凶器ともなる飛来物から大切な家を守る対策が不可欠です !

屋根が吹き上がるリスク大 ! 2階の窓も要注意

窓ガラスが割れ、穴が開いてしまうと、そこから強風が一気に室内に流れ込み、室内の圧力が高まると、屋根が吹き上がって大被害になる恐れもあります。

大型台風時にはシャッター・雨戸が飛来物から家を守ります

2階の窓にも、シャッターをつけることをおすすめしています。

シャッターは基本的には後付けが可能です。

シャッターを付けることで台風・強風の飛来物対策や防犯効果が期待できます。

ただし、窓の状態によってシャッターの取り付ける手間や費用などに大きく差が出てきます。

場合によってはシャッターが取り付けられない場合もあります。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

雨戸・シャッターのリフォーム事例はこちらからご覧いただけます。

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせを頂く際に写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

窓の断熱性能を高めることで健康な暮らしへ

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝
平野硝子株式会社 バナー画像 リフォームネット浜松ヒラノは、平野硝子株式会社が運営しています。