台風シーズンに備えて、カーポートやテラスの強風対策

想定を超える大きな台風や、記録的な暴風雨は 全国どこで起こるかわかりません。

想定外の事態に日頃から備えることが大切です !

カーポートやテラスの強風対策

台風や突風でカーポートやテラスの屋根が吹き飛ばされてしまうと、ご近所や歩行者に被害を与えてしまう恐れも …

飛ばされた屋根が近隣住宅に当たって破損させてしまう、割れた部品が人に当たって怪我をさせてしまう可能性があります。

このような立地にお住まいの方は、特に風が吹き上げてくる心配があり注意が必要です。

  • 沿岸・田園地域
  • 高台の上
  • 高い建物に隣接している

強風に配慮したカーポートやテラスをぜひお選びください !

台風に強いカーポート

台風に強いカーポート

日本に上陸する台風は年々強大化しており、カーポートの強風対策がこれまで以上に重要視されています。

LIXILのカーポートSTは耐風圧強度46m/秒相当という業界最高水準の強度が標準で設定されています。

勢力の強い台風の場合は風速40m/秒を超える強風が吹くことも。

台風が上陸しやすい地域にカーポートを設置する場合は耐風圧強度の高いカーポートを選べば安心です。

台風に強いテラス

台風に強いテラス

LIXILのテラスVSは、記録的な暴風雨にも対応できるよう、安心・安全を追求した基準風速 V0=46m/秒 地域対応としています。

全国各地には国土交通省が定める基準風速(V0)が設けられています。

台風シーズンに備えて、カーポートやテラスの強風対策
出典: 一般社団法人 日本エクステリア工業会

一般的な屋根パネルの厚さ1.8mm (LIXILテラス製品)を、テラスVSは2.3mm 。

強風や突風にも耐える安定性も抜群です。

また、最近、日当たりも風通しもいいから、2階で洗濯物を干したいなどの理由から、ベランダにテラスをつけて有効活用されるお宅も増えています。

テラスVSは、2階のテラスにも対応しています。

機能や屋根パネルも選ぶことができます。

カーポート・テラスのその他の記事

場所や用途に合わせて、最適なご提案をいたします。
テラス・カーポートについても、お気軽にご相談ください。

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはLINEやメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォーム 、LINEからお問い合わせを頂く際には、写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

窓の断熱性能を高めることで健康な暮らしへ

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝
平野硝子株式会社 バナー画像 リフォームネット浜松ヒラノは、平野硝子株式会社が運営しています。