浴室ドア交換の目安は ? 暮らしの安全は毎日使う浴室ドアから

浴室ドアは毎日の開閉する動きも激しく、長年使っていると故障やトラブルがおきやすいドア。
また汚れもつきやすく開閉もスムーズでなければいけません !

このような状態なら浴室ドア交換をご検討ください !

  • ドアノブやサッシが壊れてしまって開閉が不便で大変
  • 浴室ドアの汚れが掃除してもなかなか落ちなくなってきてしまった
  • お風呂は綺麗にしたけれど、ドアだけ昔のままで古く感じてしまう

リフォームのご相談のうち、浴室回りのご相談はとても多くいただいています。

従来の浴室ドアからより進化して、現在の浴室ドア・折れ戸は安全とプライバシーをより守り、いざという時のケアができる機能を持っています。

浴室ドアをリフォーム

浴室ドアの種類と選ぶ際の注意点

浴室ドアの種類は大きく3つ !

  1. 引き戸タイプ
  2. 開き戸タイプ
  3. 中折れタイプ

お風呂場の広さ、使い勝手はもちろんのこと、お風呂場の向きや脱衣所の配置を考えて浴室ドアを選ぶのがポイントです !

引き戸タイプ

扉が開くスペースで考えるなら、引き戸が一番スペースを有効活用できる浴室ドアになります。
ただし、現在も引き戸タイプを使用していれば問題なく新しい浴室ドアに交換できますが、開き戸や中折タイプの浴室ドアを使用している場合はご注意を!
扉の造りが異なるため、引き戸を引き込むスペースを作る必要があるからです。

開き戸タイプ

開き戸の場合、開いた扉がかなりのスペースを取ってしまいます。
大きく開くので浴室側、脱衣所側、それぞれのスペースをしっかりと確保できるのか確認が必要です。

中折れタイプ

最も人気のあるタイプが中折れタイプ。
引き戸のように扉の引き込みスペースは必要なく、開き戸のように可動範囲が広くないのでスペースを気にしなくていいところが人気の秘訣です。
ただ、開閉には多少の力が必要であること、レールの隙間の汚れが取りにくくお掃除が大変というデメリットも考慮しなくてはいけません。

家族の使いやすさを考慮して浴室ドアを選びましょう

浴室ドアのタイプは様々。実際にドアを選ぶときには使用する家族のことを考え、家族の目線で選ぶことが大切です。

  • ドアが開くスペースは充分に確保でき、家族の動線に不便はないか
  • 子供やお年寄りが無理なく使用でき、安全に問題ないか
  • どうしても汚れやすい浴室ドア、掃除が簡単にできる構造か

ドアのタイプはもちろん、従来ガラスであった開口部が樹脂パネルとなり、よろめいたり手や足を突いたりして怪我がないようにケアされている浴室ドアもあります。

またロック機能を持ち、小さなお子さんの手が届かない位置にロックを設けている、いざという時には浴室外から開けられるような機能も併せ持っているなど、安全を図っている浴室ドアも多くあります。

カビの生えにくい・掃除がしやすいドアを選ぶこともできます。

毎日使うところだからこそ、安全で清潔にまた安心に暮らすためにご家族のケアができる工夫が必要です。

浴室ドア交換の目安は ? 暮らしの安全は毎日使う浴室ドアから

壁などを取り壊さなければいけないリフォームでは気が引けてしまいますが、ドアだけの交換でしたらカバー工法でたった1日、費用も抑えることが可能です。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

リフォームネット浜松ヒラノのリフォーム事例は、こちらからご覧いただけます。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝

HPからお見積り・お問い合わせ