トイレが寒いお宅は必見 ! 「窓」から熱を逃さないヒートショック対策が必要です

寒い季節になるとよく聞くようになるのがヒートショック。

暖かい部屋から寒い部屋へ移動してまた暖かい部屋に戻る。
この間に血圧が急激に変動することで心臓に負担がかかり、身体の様々なところにショック症状がおこる危険が高まります。

ヒートショックはお風呂だけでなくトイレでも危険です !

冬の寒い日、暖かい暖房の効いたリビングからトイレに立った時、明け方や夜中にふと目覚めてトイレに立った時などに、身震いするほどの冷えを感じることはありませんか ?

この時に身体では暖かい部屋から寒いトイレへ移動すること、寒いトイレに入ったときや冷たい便座に座ったときなどには血管が収縮し血圧が急上昇します。

トイレが寒いお宅は必見 ! 「窓」から熱を逃さないヒートショック対策が必要です

ヒートショックは浴室だけではなく、寒いトイレでも似たようなことが起こるため注意が必要です。

トイレの寒さは 「 窓 」 から熱が逃げてしまっていることが大きな原因

家の中でも、どうして特にトイレが寒い場所になるのでしょうか?
リビングや常に人のいるお部屋は日当たりの良い場所にある反面、トイレは多くの場合、家の北側や日あたりの悪い位置。

また、換気が簡単にできるようにとルーバー窓を使用していたり、トイレの床近くに窓(掃出し窓)があることも多く、下から冷たい隙間風が入り込んできたり。
ルーバー窓も隙間風が多く、室内の熱が逃げやすくなってしまします。

窓周辺からの熱を防ぐ !

トイレなどの狭いスペースに置くことができる暖房器具もありますが、窓から冷たい風が入ってきては効果はありません。

外からの冷気が気になる窓には「内窓」の取付をおすすめします。

現在ついているサッシの内側に、後付けの内窓サッシを取付けるだけ !
外気と室内の空気の間に、空気の断熱層をつくり室内の温度差を小さくしてくれます。

ヒートショックが起こりやすいトイレにも内窓を設置することによって、冬でも快適に過ごせるようになります。

小さな窓でも内窓は取り付けられます !

浴室、脱衣室はもちろんトイレの窓にも内窓は取り付けることができます。

部屋間の温度差をなくすことで、体への負担を軽減することができます。
寒さのお悩みから解放されれば、ご家族の安全にもつながります。

小さな窓にも内窓でヒートショック対策

大がかりな工事も必要ないので、ぜひご検討ください。

浜松市での施工実績地域NO.1 インプラスの内窓リフォーム事例はこちらよりご覧いただけます。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝

HPからお見積り・お問い合わせ