シャッターや雨戸が取付けられない窓にはセフティルーバーがおすすめ

窓の外につける 「エコ雨戸」 に対して、窓とカーテンの間に取り付ける室内タイプがセフティルーバーです。

セフティルーバーの特徴

  1. 採風・採光が室内から自在にできる
  2. ブラインドやカーテンの変わりとして利用できる
  3. 外からの視線を簡単に遮ることができる
  4. 室外側に雨戸やシャッターを取り付けるスペースがなくても室内に取り付けられる

機能は、エコ雨戸とほとんど変わりません。

雨戸やシャッターが様々な要因で取付けられない窓の防犯対策やプライバシー対策におすすめしています。

セフティルーバーの取付けリフォーム事例

外からの視線が気になり、雨戸を閉めたままにしていたお客様。

風や光を安心して取り込みたいということで、セフティルーバーの取付けリフォームをご依頼いただきました。

セーフティルーバー取付け前
セーフティルーバー取付け【前】
室内につけるエコ雨戸 セーフティルーバー
セーフティルーバー取付け【後】

今回お選び頂いたのは、洋室はもちろん、和室にもおすすめの引違いタイプ。

セフティルーバー

セフティルーバーにも施錠機能があるので、2つの施錠で防犯対策も万全です。

室内側にあるレバーを左右に動かすだけで、簡単に開閉することができます。

雨戸を開けても、外からの視線を遮って安心して光や風を取り込むことができるようになり、大変喜んでいただきました。

専有部分に取り付けるのでマンションでもOK !

マンションでは、サッシや窓まわりは共有部分とされ、変更が禁止されていたり、管理組合への申立てをしたうえで許可が必要です。

特に1階にお住まいの方は、防犯対策やプライバシー対策に雨戸やシャッター、目隠しルーバーがついていれば … と思われる方も多いかと思います。

その点、セフティルーバーは内側の専有部分に取り付けることができるので、マンションにお住まいでも、雨戸やシャッターと同じ機能を取り入れることができます !

大掛かりな工事が不要で室内側に取付けするセフティルーバーをぜひご検討ください。

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはLINEやメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォーム 、LINEからお問い合わせを頂く際には、写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

窓の断熱性能を高めることで健康な暮らしへ

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝
平野硝子株式会社 バナー画像 リフォームネット浜松ヒラノは、平野硝子株式会社が運営しています。