秋は空き巣が多い季節、窓の防犯性を高める方法

空き巣被害が増える季節 …

実は秋が空き巣の最も多い季節であり、10月から12月にかけての時期が最も危険な時期だといわれています。

空き巣の侵入は窓から !

空き巣の侵入手段は 「無締り」 「ガラス破り」 侵入経路は 「窓」 や 「表出入り口」 からが多くなっています。

戸建住宅は特に空き巣から狙われやすく、「窓」から侵入するケースが多いというデータがあります。

今回は、住まいの安心を守る窓の防犯対策についてご紹介します !

空き巣が侵入を諦める5分が目安

人目を避ける空き巣は、5分以内に侵入できなければ7割が断念するというデータがあります。

窓の防犯対策

万一、空き巣に狙われてしまっても、侵入されにくい工夫をしているかがカギになります。

窓の防犯対策

  • 防犯合わせガラスに交換する

窓の空き巣対策に防犯合わせガラス

2枚のガラスの間に強靭な膜を挟み込んだ特殊なガラスです。

割ることができても、膜が貫通を防ぐため、ガラス破り対策に有効です。

  • 内窓をつけて2ロックに

内窓を取付けて窓の防犯対策

内窓を取り付けることで2ロックになります。

2ロックにすることで、侵入までの時間を稼ぎ、侵入をあきらめさせる心理効果も期待できます。

  • シャッターや雨戸を取り付ける

窓にシャッターを取付けて防犯対策

掃き出し窓などの大きな窓。

窓をしっかりガードできるシャッターや雨戸がおすすめです。

  • 面格子を取り付ける

面格子を取付けて窓の防犯対策

小さな窓や高窓など、シャッター・雨戸が付けにくい場所には、面格子がおすすめです。

格子を破壊しにくい高強度タイプを選ぶとより安心です。

  • 目隠しルーバーを取り付ける

目隠しルーバーで窓の防犯対策

浴室の窓やトイレの窓は、羽根部が可動するタイプの目隠しルーバーがおすすめ。

換気をしながら目隠し・防犯対策が可能です。

狙われにくく ! 侵入されにくい工夫を

ガラス破りや侵入手口の強化対策をして、侵入されにくく、侵入をあきらめさせる工夫が必要です。

戸締りを忘れないことはもちろん、1階だけでなく、2階の窓も要注意 !

足場になりそうなものを不用意に置いてしまっていないか、ぜひチェックしてみてください。

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはLINEやメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォーム 、LINEからお問い合わせを頂く際には、写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝
平野硝子株式会社 バナー画像 リフォームネット浜松ヒラノは、平野硝子株式会社が運営しています。