お風呂のドアの劣化 浴室ドア交換で安心・安全なお風呂

お風呂のドアの閉まりが悪い、ゴムパッキンが浮いてきてしまった、カビが気になるなど …
このような状態になった時には浴室ドアの交換のタイミングかもしれません。

ゴムパッキンの傷み、経年劣化でドアの開閉が不便に

今回浴室ドアの交換リフォームをご依頼いただいたお宅でも、経年劣化からゴムパッキンが傷み、無理やり開閉をしているとのことでした。

力をかけて無理やり開閉することでケガをしてしまう心配も。

お風呂のドアの劣化 浴室ドア交換で安心・安全なお風呂

毎日何回か開閉する浴室ドア、湿気や水回りということもあり、どうしても経年劣化をしてしまいます。

浴室ドアの交換は、壁の工事も不要でとてもスピーディーに交換できます。

スピーディーに交換できるカバー工法がおすすめ

既存のドアを外して、既設枠の上からベース材や新しい枠を取り付けるのがカバー工法です。

お風呂のドアの劣化 浴室ドア交換で安心・安全なお風呂

既設ドアのメーカーは問いません。
カバー工法なので、扉と枠が新しくなってとてもキレイな浴室ドアにリフォームできます。

浴室ドアリフォーム後

お風呂のドア交換

開け締めもスムーズになり、とてもきれいで快適になったと喜んでいただきました。

新しい浴室ドアは、カビの発生・浸透を抑えたパッキンを採用

カビの発生を抑え、パッキン内部までカビが入り込みにくい材料を使用しているので、お掃除が簡単です。

従来は浴室側にあった樹脂パネルビードを脱衣室側に配置してあることで、水あか、カビなどをつきにくいお掃除しやすい構造の浴室ドアです。

また、浴室にこもりやすい湿気は屋外へ放出したいものです。その効率を高めるために下桟に換気口(給気口)を装備しています。

清掃性・安全性に配慮した機能など充実機能を装備しています。

枠を交換して新しいゴムパッキンで気密性も高くなりました。
特に寒い冬は、暖かく快適なお風呂でゆっくりしたいですね。

現在のコロナ禍への対策として、お見積り・ご相談への対応を極力、お電話またはメールにて対応させて頂いております。
ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせを頂く際に写真を添付していただくことで、リモートでのお見積もりも可能です。ぜひご利用ください。

実際の下見・打ち合わせなど対面の際には、マスク着用のうえ適切な距離を保って行っております。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

電話でお見積り・お問い合わせ

TEL:053-434-0015
営業時間/8:00〜18:00定休日/土日祝

HPからお見積り・お問い合わせ